武岡靖史のじゃーなるず。

武岡靖史の初ジャーナリズムブログ

日本の政治家のスーツ、鳩山由紀夫氏はジョルジオアルマーニ

日本の政治家はなぜか、こダサい。

これは私だけが思うことなのだろうか。

いや、そもそも、メディアに特盛のフケを乗せて登場する議員などは

ドン引きである。

そんな日本の政治家の中で粋なスーツを着ている方もいる

f:id:niiniproduct:20180902193522j:plain

鳩山由紀夫氏はジョルジオアルマーニ

鳩山氏はジョルジオアルマーニを公使共に愛用しているとメディアで公言している。

ジョルジオアルマーニは、仕立てると60万円ほど掛かるものもある。

 

ジョルジオアルマーニである必要

鳩山氏曰くアメリカ製のスーツは体型に合わない、ということであった。

逆に、日本製だと袖の長さが足りない(!?)のでヨーロッパ(イタリア)のスーツであるジョルジオアルマーニを着用しているとのことだ。

 

鳩山氏のコーディネータは奥様

このジョルジオアルマーニが半分を占めているスーツは、奥様のチョイスのようだ。

確かに、女性目線は大切だが、ジョルジオアルマーニである必要性はなんとも言い難い。

 

『袖が足らない』からジョルジオ!?そんなの言い訳

実際『袖が足らない』など庶民にとってはありえる話だが、吊るしのスーツ(既製品)を直して着るようなスーツを鳩山氏が選ぶ様には思えない。

なぜなら、ジョルジオアルマーニのオーダーメイドスーツはエルメネジルドゼニアと並び最高ランクの生地とピンワークの技術を持つスタッフがいる。

 

しかし、日本のテーラーでオーダーしても袖や着丈など、オーダーでいくらでも調整は可能だ。

これは、単純に体型の問題ではなく『ブランド好き』だと言えるだろう。

 

日本代表が不在なスーツ事情

日本の皇太子殿下などは、スーツの仕立てなどは指定されているのであろう。

安倍総理大臣も最近は元大統領のオバマ氏を意識しているようなブルー系のスーツが多い。

しかし、日本のスーツ代表的なスーツブランドと言われると老舗はあっても、どうも『泣く子も黙る』ブランドがないように思う。

 

トヨタのセンチュリーやレクサスのLS、腕時計はグランドセイコーシチズンなど日本の政治家として、日本を代表しているイメージがあるが、スーツに関してはお洒落を意識するほどインポートブランドになり、こダサい政治家ほど、今だに平成が始まったばかりのようなスーツを未だに着ている。

 

また機会にするが、麻生太郎氏のお洒落さも話題になっているが・・・

そもそも思い切り、アウディのA8のロングを乗っている時点で・・・

日本のブランドを背負っている・・・可能性は低いだろう。